レコーディングディレクターとは?レコーディングディレクターの仕事


メガネかけたディレクター
レコーディングディレクターとは、ミュージックCD、DVDなどの録音作業の総監督を行う人の事を言います。アーティストや楽曲をチョイスして、より完成度の高い音作りをスタッフ、アーティストとともに創り上げて行きます。場合によっては新鋭アーティストの発掘や育成に携わる場合もあり、音楽業界に幅広い人脈を持つ人に適正があります。レコーディングディレクターになるためには、まずはレコード会社、CD制作プロダクションなどに就職をして、アシスタントからスタートするのが一般的です。いきなりレコーディングディレクターになるのは不可能なので、実践で現場での経験を積み、実績をあげ、人脈を築き知名度を上げていきつつ、レコーディングディレクターを目指して行くと良いでしょう。音楽的な基礎知識、ミキシング、PA、楽器などに関しての実践的なテクニックを身に付けることも大切なので、音楽大学や音楽専門スクールなどで基礎を学ぶと良いでしょう。多くのスタッフをまとめていく統率力や、制作の流れを管理する管理能力がある事も大切です。

スポンサーリンク

レコーディングディレクターの年収、月収について

月収18万前後~

レコーディングディレクターの仕事に就くには

レコード会社、CD制作会社、音楽プロダクションなどに就職をして、現場での経験を積み、レコーディングディレクターを目指してステップアップをして行くと良い。

レコーディングディレクターの資格や知っておいた方が良い知識など

特に必要な資格というものはないが、音楽大学や、音楽専門学校などで音楽的な基礎知識、楽器等に関する知識、機材やPA関連などのテクニックなど幅広く勉強しておくと有利。時間的に不規則な仕事なので、体力がある事も大切。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする