サポートエンジニアとは?サポートエンジニアの仕事


エンジニア二人
サポートエンジニアとは、クライアントのパソコンやITシステムのトラブルなどに対応して、訪問しメンテナンスや点検を行う技術者の事を言います。近年のIT化により、パソコンやソフトウェア、ITシステム関連のトラブルは増す一方です。これらのユーザのトラブルに関して、コールセンターやメールサポートなどに問い合わせが来ますが、その場で解決出来ない問題、技術者の直接の訪問が必要な場合に、サポートエンジニアがそのユーザを訪問します。サポートエンジニアとして活躍するためには、これらのITシステムやハードウェア、ソフトウェアに関する基本的または専門的な知識やメンテナンスの技術がある事が大切です。また適切なアドバイスや点検などの提案をして、トラブルを未然に防ぐような実践的なアドバイスを行います。直接人と接する仕事なため、第一印象が良く、適度なコミュニケーション能力は不可欠でしょう。パソコンメーカー、ソフトウェアメーカー、SI会社、ソフトウェア開発会社などに就職して、サポートエンジニアとしてのキャリアを積んで行こう。

スポンサーリンク

サポートエンジニアの年収、月収について

月収22万前後~

サポートエンジニアの仕事に就くには

ソフトウェアメーカー、パソコンメーカー、電子機器製造会社、ソフトウェア開発会社などに就職をしたり、エンジニアの派遣会社に登録をして、サポートエンジニアとして派遣される場合がある。

サポートエンジニアの資格や知っておいた方が良い知識など

基本情報技術者、マイクロソフトオフィシャルトレーナー、マイクロソフトオフィシャルスペシャリストなどのIT関連の資格取得はおすすめ。有資格者の場合は報酬アップなども期待出来る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする